スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

号外★その3★ビーグルの聖地「アメ横」で見たものは③ 

★「アメ横」シリーズもいよいよ大詰め。探訪記第3弾は、「吉池」本館から上野駅界隈のウォッチングである。
 
 「吉池」本館2階は、全部がお酒フロアになっている。常時2,500を超えるアイテムが陳列してあるというだけあって、なるほど見渡す限り酒、酒、酒だ。
 そんな中ビーケンが求めるのは、高級ワインや吟醸清酒ではなく、やっぱりビール。上野の地域性というか、信越地方の地ビールがいくつか並べられていたのだが、地味だけれどもひと際目をひいたのが、新潟の「越後ビール」である。
 「全国第一号地ビール」というリボンの文字が泣かせるではないか。320-R0012558.jpgおまけにピルスナータイプ。米どころ新潟が満を持して放ったビールの傑作、みたいな感じでいやがうえにも期待は高まる。実際、世界各地のビールコンテストでも優秀な成績を収めているらしい。
 が、しかしだ。結論から言わせてもらうと、期待外れだった。まあそもそも地ビールは、クセがあるのが特徴といえばそうなのだが、なんだか濃くて、苦くて、それらのすべてが自分には合わないと感じられた。
 やはりビーグル的地ビールは、大山地ビールに尽きるな。ところがそれも、ガンバリウス(ビヤホール)で樽生をググッと飲むから旨いのかもしれないと考えると、 「越後ビール」もそんな土俵で勝負させてやりたい気はする。
 
 「吉池」を出てぶらぶらしていると、コカ・コーラの自販機が目に飛び込んでくる。どこにでもあるような当たり前の風景なのだが、実は東京は、中身が違う。そう、
「ドクター・ペッパー」が普通に自販機で買えるのだ。
R01.jpg  その昔、西日本地域では「ミスター・ピブ」の名称で販売されていたのでご存知の方もあるかもしれないが、コーラのようでいてファンタでないといった、なんとも不思議な味の幻の飲料である。
 思えば今から35年くらい前、上京した折に初めて口にした「ドクター・ペッパー」の衝撃は鮮烈だった。「何、これ。薬か?でもうま~い」という奇跡の味は、どうやら関東では根強い支持があるが、関西以西の地域では不発だったようである。
 まあ、うどんやおでんなどでも関東風、関西風があるのだから、やはりその土地ならではの味覚というものが存在するのだろう。
 ちなみに、米子サティ内の「ビレッジ・バンガード」でも「ドクター・ペッパー(アメリカ製)」を求めることができるので、ぜひお試しいただきたい。

 最後は上野駅アルテの一角にあるスーパー「ザ・ガーデン自由ヶ丘」。上野店なのに自由ヶ丘というのがいかにもややこしいのであるが、昔の「デリメイク花園店」や松江の「ラパン母衣町店」のような320-R0012554.jpg 高級志向の品揃えとコンビニの手軽さをミックスしたような店舗である。
 わりと珍しい食材などもあって、ビーケンをうならせる場面もしばしばあるなかでふと目をやると、「かき餅」のラベルを貼付した菓子が
。確認するまでもなく北越の「小粒一味」だ。 米子市内で見かけなくなって久しいが、ビーグルブログNo.2でも紹介している製品の500g入り袋なのである。
 こんなもの持ち歩いてどうするんだなどと考える暇もなく、ビーケンとしては当たり前に即買いである。

 そんなこんなで、今回のアメ横探訪を総括すると、なんといっても感心させられるのがアメ横の持つ「懐の深さ」である。レポートには記してないが、他にも目をひくようなビーグルネタが、そこかしこに転がっている。普通にぶらぶらしているだけで1日つぶせるようなビーグルスポットはおそらく他にはないだろう。
 おかげで、東京駅まですごい荷物を持ち歩く羽目になったのだが、重い、暑い、臭いの三重苦をものともせずビーケン職員は、その責務を全うしたのである。あ~疲れた。   

nanbonandemo 

スポンサーサイト

号外★その3★ビーグルの聖地「アメ横」で見たものは② 

★さて、「アメ横」探訪記第2弾は、御徒町駅前の「吉池」である。
 since1920というから、おおかた創業90周年。この界隈でも老舗中の老舗だ。生鮮食料品から日用雑貨まで手広く取り扱う総合小売のファミリーデパートと称するこの店の、注目すべきは別棟で展開する鮮魚市場である。 
 
 東京まで来たのであれば、やはり「くさや」を探したいところである。
 半ば直感的にこの店を選んだのだが、果たして鮮魚市場では、一般的な塩干モノと一緒にKusayaR0012545-S.jpgそれは普通に並んでいた。新島産青ムロアジの「硬干」。上物だ。
 くさやは、一夜干しみたいな生干のものからカチカチに干しあげた硬干まで干しの段階がいくつかあって、それぞれに風味が違う。個人的には、くさやなら硬干意外に選択肢はないと思っている。生干しは生臭いから嫌いだ。硬干は臭いけど好きだ。(-  П-)「 ははは…

 ついでに店内をうろうろしていると、これまた発見。あご(トビウオ)の干物である。何年か前には米子駅前サティあたりでも簡単に入手できたのだが、近頃とんと見かけなくなっていた。
AgoR0012544-S.jpg
 くさやはある意味、単なる干物とは別にカテゴライズされるべきものかもしれないが、あごはめざしなどと一緒で「一般的塩干」の範囲を逸脱するものではない。なのに、これがまた格別に旨いのである。たしか長崎かどこかのものだったが、パッケージの真中に貼られた「高級品」という金色のシールが誇らしげで、購買意欲を掻き立てられる。
  店員が「臭いますよ」と言ってレジ袋を二重にしてくれたのだが、むしろくさやの方が無防備な状態 で、もしかしたら、電車の中とかで、なんとなく臭い人になっていたのかもしれない。
 
 それと、もうひとつ。お馴染みの一夜干しではない、ShishamoR0012547-S.jpgししゃもの干物である。体が乾ききっていて妙に細々としており、乾燥ししゃもとでも呼んだほうがしっくりくる。ししゃもに対してこの加工法は想定外だ。
 トースターで、さっと焙って食べるのだが、見た目よりは随分と脂が乗っていて、意外にも濃密な味わい。新しい味覚経験である。
 面白いのは、身体が縮まったのと同じくらいの比率で味が濃縮されており、このくらい干したらこんな味だろうというのが、なぜか想像できてしまうところ。この「旨味相似形状態」の絶妙さに心地良さを覚えるのである。  
        
 そして、探訪記はさらに続くのかもしれないのである…
nanbonandemo 

号外★その3★ビーグルの聖地「アメ横」で見たものは① 

★しばらく手を付けてなかったなあとは思っていたが、前回の記事は去年の8月25日にアップしたものだと。なんと1年以上も放ったらかしにしていたようだ。
 1ヶ月以上放置するとブログ上にスポンサー広告が勝手にアップされる仕組みになっていて鬱陶しいのだが、それを回避するために記事を書くというのも面倒で、そうこうしているうちに今日に至っているという有様なのである。 

 
そんなわけで今回は、リハビリも兼ねて、少し趣向を変えたビーケンレポートをご紹介したい。
 先般ビーケン職員は、B♭級グルメ(ビーグル)の聖地ともいえる「アメ横」を探訪する機会に遭遇したのだが、職員がそこで見たものは…

 
まずはこの光景に心ときめかせていただきたい。
 御徒町寄りにある老舗食品問屋「二木の菓子」でのひとコマである。

king-niki  king-niki-tate 
 食品棚の中ほどにある柱に目をやると、そこには、ビーケンファイルNo.1でもお馴染みのキング・オブ・サラミ、冨士ハム「キング・ソーセージ」の吊るしが。しかも2段吊りでだ。
 思わず「おお」と声を漏らしそうになった。 さすがアメ横。ビーケン職員としてはたまらないシーンである。

 「二木の菓子」をメインストリート側に出たところの斜向いにあるのがナッツ・乾物類の「小島屋」。

 ここでのお目当ては、ほかでもないカシューナッツとマカデミアナッツだ。何が違うのかといえば、「素煎り・無塩」という加工方法である。

 通常ナッツ類は、油脂で煎ったものに塩味を添加することによって風味付けを行うのだが、ビーケンファイルNo.12でも紹介しているように、それらを排除することによって、ナッツ本来の旨味を味わうことができるのである。マカデミアは素でもけっこう脂っこいので、違いがわかりやすいのはカシューナッツの方だろう。 


KashuR0012551-200.jpg  MacaR0012550-200.jpg
 そして、探訪記はさらに続くのである…
nanbonandemo 

号外★新着情報★その2 

Negiyaki.jpg 
★B♭級グルメ研究会(ビーケン)は、先日、たこ焼きの聖地「日本一大たこ」(大阪)への巡礼を敢行するとともに周辺状況の調査を実施しました。そのなかでこんな微妙なグッズも発見。ネギの画像をクリックすると、詳細な調査リポートをご覧いただけます。(必見!)
nanbonandemo

号外★新着情報★その1 

【No.42】エーデルピルスについて

 エビスビールのところでも紹介したが、ビール買うなら絶対イオン系の店がお得。このあたりでいえば、ジャスコがサティですね。常時バーゲンみたいなもんで、普通ビールより安くプレミアムビールが買えるというのは、確かに魅力的。

 

【No.41】地獄ラーメンについて

 最近、いきなり最辛の5丁目にチャレンジした人がいてびっくり。それはそうと、1丁目~5丁目の香辛料のさじ加減が日によって違うのではないかという疑惑も生じている。楽勝で3丁目を食した日もあれば、いきなり唐辛子の匂いにむせたりするくらい濃厚な3丁目スープに出くわすこともある。ま、それも楽しみのひとつかも。

 

【No.27】天津飯について

 天津飯といえばハードボイルドな醤油味が当たり前だと思っていたのだが、浜名湖を境に東日本ではケチャップ味の甘酢あんかけみたいなのが主流だとか。個人的にはどうしても納得できない。そういう食べ物があってもいいが、それを「天津飯」とは呼ぶなと言いたい(向こうもたぶん同じことを言うのだろうが…)。そういえば昔、カツ丼を注文したら、玉子とじでなくソースカツ丼が出てきてがっかりしたことがある。食文化の違いといえばそれまでだが、なんとかしてほしいものである。

 

【No.9】ハワイアンポチキ(ソーセージ)について

 340円前後が標準的な小売価格であるハワイアンポチキ。しかしながら、ジャスコ日吉津店に隣接する新鮮市場内のオオクボでは常時238円で販売中。これは絶対お買い得。迷わずまとめ買いすべし!

 

【No.1】キング・ソーセージ(サラミソーセージ)について

 つい最近まで、このあたりではユニサン安倍店でしか入手できなかったキング・ソーセージだが、8月4日にオープンしたユニサン錦町店でも取り扱っていることが判明。売れ行き好調なので、見つけたら即買いあるのみ!


nanbonandemo

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 B♭class gourmet laboratory all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。